漫画以外で小説・週刊誌などまで販売している

電子書籍はネット上でバナー広告など目に付くことも多く、そういった広告からサイトに飛んでいくつかページを閲覧すればすぐにわかることですが、電子書籍が販売されているサイトでは大抵の場合、書籍や雑誌も扱っています。

 

そしてアイドル・グラビア写真集などもあるので、実際の本屋と同等、それ以上の品ぞろえといっても過言ではありません。

 

実際の本屋と異なり、立地や客層によって品ぞろえが決められているわけではないので、ほとんどのものは電子書籍で手に入れることが出来ます。

 

私は漫画を読むことが好きで紙のコミックもよく購入しますが、週刊誌、月刊誌などの雑誌は本屋で買うことが滅多にありませんでした。

 

しかし電子書籍販売サイトに登録してから、ファッション誌や料理雑誌、経済誌などもよく読むようになり、興味の幅が広がりました。

 

一部の雑誌では著作権の問題で写真部分がマスキングされている場合もありますが、問題なく読めるものがほとんどです。

 

実際の書店ではコミックと雑誌、書籍の棚は分かれていて、目的のコーナーにしかいかないという人も多いと思いますが、電子書籍の販売サイトであれば、売れている小説や新しい週刊誌などが目につくところに表示されるので、書店と比べて手に取りやすくなります。

 

このように小説や雑誌など多様なジャンルに気軽に触れることができるので、興味の幅が広がり知識増も期待できるでしょう。