彼氏彼女の関係を楽しめるコミック

主人公の宮沢雪野は仮面優等生。二流の才能を努力の末に一流にし、その努力を周りの人間に悟られず、品行方正な少女と崇められることにのみ喜びを感じていた。

 

そんな雪野に告白してきたのは有馬総一郎。彼は「本物の優等生」で、雪野は対抗心を燃やしこそすれ恋愛感情を抱いたことはなかったため、丁重に断る(勝利に酔いながら)

 

しかしひょんなことから有馬は雪野の本性を知ってしまいそこから二人の関係が変わっていく。

 

彼氏彼女の事情の物語はだんだん人間的に成長していくメインの二人と、その二人の周りの友人たちにも括目したいところ。

 

誰しもいい人間になろうと努力している思春期であり、自分の欲望に負けて自己嫌悪に陥ったり、青春の一ページが輝かしく描かれています。

 

雪野の割と突拍子もない言動とそれをいさめる有野のやりとりもまた絶妙です。

 

大人になってから読むと実際こんな青春だったら、そりゃあ将来成功するだろうなぁという羨ましい気分にさせてくれる作品です。